• トップページ
  • 美容室について
  • メニュー
  • スタッフ
  • インフォメーション
  • 商品紹介
  • お問い合わせ
パーマのスタイリングのコツは「保湿」です
パーマをかけると、パーマムースやスタイリング剤をうまく使わないときれいなカールが出にくいですよね。
うまくカールが出ない理由は、「髪の毛の乾燥」にあるんです
の毛の乾燥や痛みによるぱさつきが気になる方のパーマ用スタイリング剤は、
「保湿するベース剤(水分)」と、「カールを保つための仕上げ剤(油分)」の二つを使うと綺麗にパーマウエーブが出るようになります。
痛んでいて、カールが出にくい方は、保湿力の高いオイル系のトリートメント剤をベースにつけ、髪の毛を乾燥から守りましょう。
そうするだけで、スタイリングがかなり楽になります

フォルムクアプラス ディープスリーク

湿気をコントロールする効果があるので下地として、お使いいただけます
髪をコートし、おさまりやすく、なめらかな質感に導きます。

イオニックポリマーシールドコンプレックス
グレープシードオイル
スタイリング剤 (ウェーブヘア)のイメージ2

シルエットムースワックス

自然なウェーヴ感を強調します。髪の毛を濡らして、ウエーブが出たら、ムースをつけて、あとは自然乾燥。保湿力がかなりあり、ソフトワックスをつけているような感じの付け心地で、一日中カールを保ちます。
スタイリング剤 (ウェーブヘア)のイメージ3

シルエットソフトムース

ウェーヴのリッジ感をキワ出たせます。保湿成分が多いので、つけすぎると当然重くなってしまいます。少なすぎるかな、と思うくらいが適量です。ふんわりウエーブを求める方には少し重い仕上りかもしれません

スタイリング剤 (ウェーブヘア)のイメージ4

ニゼル ラフエージュ シアリーフィル

ツヤのあるウェーヴをキープ
スタイリング剤 (ウェーブヘア)のイメージ5