• トップページ
  • 美容室について
  • メニュー
  • スタッフ
  • インフォメーション
  • 商品紹介
  • お問い合わせ
パーマのスタイリングのコツは「保湿」です
パーマをかけると、パーマムースやスタイリング剤をうまく使わないときれいなカールが出にくいですよね。
うまくカールが出ない理由は、「髪の毛の乾燥」にあるんです
の毛の乾燥や痛みによるぱさつきが気になる方のパーマ用スタイリング剤は、
「保湿するベース剤(水分)」と、「カールを保つための仕上げ剤(油分)」の二つを使うと綺麗にパーマウエーブが出るようになります。
痛んでいて、カールが出にくい方は、保湿力の高いオイル系のトリートメント剤をベースにつけ、髪の毛を乾燥から守りましょう。
そうするだけで、スタイリングがかなり楽になります

アミノエナジーワンデーカール

コテを使う時の下地です。 ヒートプロテインがアイロンの熱から髪を守りながら補修し、カールを一日中しっかりキ
                   ープします

シルエットスプレーワックス

空気感を出すために、フンワリとしたカール感とツヤをキープします

ムーブフィル

毛先のカール感や動きを強調します。油分が多く含まれているので、しっかりとした束感や、毛先の動きが作れ    ます。ただしつけすぎると空気感が出ないので、ウェーブもだれてボリューム感も無くなりますから、要注意。少量を少しづつ揉みこむのがポイント)

スタイリング剤 (巻き髪スタイル)のイメージ4

シルエットソフトスプレー

コテ等でスタイリングしたカールをやさしくキープします